*

【国内最速】高機能チェア「GENIDIA」の製品発表会の爆速レポート

公開日: : 最終更新日:2018/12/04 製品情報

あの高機能チェアErgohumanシリーズの生みの親である一流デザイナー「ネイル・ウー」氏が新たにリリースした新たな高機能オフィスチェア「GENIDIA」の製品発表会が『株式会社関家具 目黒ライブオフィス』で開催されました。

このGENIDIA(ジェニディアと呼びます)はErgohumanシリーズとして新たに販売されるかもしれないという噂もあり、エルゴマニアとしては見逃すわけにはいきません。

というわけで、さっそく試座してきましたのでレポートしたいと思います。

 

GENIDIAとは?

まずはこのGENIDIAとは何者かということをご紹介していきましょう。

Ergohumanのデザイナーであるネイル・ウー氏が新たに息を吹き込んだ次世代の高機能オフィスチェア。それがGENIDIAです。

news_genidia_01

国内ではまだ販売されておらず、今秋~今冬にかけて販売予定とのこと。販売価格もまだ未定ですが、続報を待つとしてまずはレポートをしていきたいと思います。

 

GENIDIAの座り心地

まず筆者は椅子を見たら座ることを心がけています。百聞は一見に、百見は一試にしかず。椅子は十人十色の感じ方があるもの。今回も例外ではなく、まずは座ってみました。

 

・・・これは!!

 

思わず字が大きくなるほどのふわりとした優しい座り心地。まるで浮いているようです。

今まで座っていたオフィスチェアは何だったのかと、エルゴマニアも思わずうなるほどの心地良さを体験しました。これだから試座はやめられない!

筆者がお尻・腰・背中と全身で満足感を得て眠たくなっていると、スタッフの方が親切に機能を色々と説明をして頂きました。

 

GENIDIAのふわりとした座り心地を実現したのはダブルシート構造!

ふむふむ。どうやらこの快適な座り心地を実現しているのは、着座面積部分にシートが2枚重なっている構造(筆者はダブルシート構造と名付けました)による感触のようです。

このダブルシート構造により体重が均等に分散されるため、長時間座っていても疲れにくい構造になっているようです。

news_genidia_02

 

GENIDIAのバックシートは面でなく点で捉えるからよく動く!

座面の気持ちよさの秘密はわかりました。では、この背中をオブラートで包んでくれる優しさの正体はなんなんだろうか?

すぐ横にいるスタッフの方が、馴れ馴れしい筆者の質問にとても愛想よくお答えいただきました。

ズバリ、バックシートに秘密があるとのこと。これは早速撮影だ!

news_genidia_03

むむむ。撮影すると分かりにくいですが、何やらバックシートの裏側は規則正しく格子状になっており、手のひらで押し当てても、手の形のまま沈んでいきます。これはなかなか気持ちいい。

これが秘密の正体なのでしょうか?

 

「そうですね。このバックシートが、面ではなく点のかたちで背中を支えることで背中の動きを柔軟に捉えてくれるので、人間の複雑な動きにもついてきて、背中全体を優しく包み込んでくれます。」

 

なるほど。面ではなく点で捉える。なるほどなるほど。そうですか。

複雑な動きにも柔軟に対応する構造が、この優しい座り心地を支えているのですね。

優しいですねGENIDIAさん。

 

GENIDIAのリクライニングは気持ちいい!

さらにバックシートの良さを全身で感じるため、リクライニングでふんぞり返ってみました。

ここで「待ってました!」と言わんばかりにスタッフの方が分かりやすい解説をしてくれたのでそのままお伝えしましょう。

 

「GENIDIAのリクライニングは、先ほどの面ではなく点で捉える構造なので、腰とランバーサポートのポイントを合わせた状態でリクライニングしても、ポイントがずれないのが特徴です。分かりやすく説明すると、リクライニングした時に洋服が引っ張られて腰が出てしまうといったことがありません」

 

なるほど。筆者も経験あります。その洋服がずれてしまう違和感。ずっと続けているとYシャツのしっぽが出てしまうんですよね。確かにGENIDIAではリクライニングをした時にその違和感はありませんでした。

バックシートとランバーサポートがそれぞれ自由に動かせるのですが、どちらも座ったまま無段階に位置を調節することができ、合う合わないを細かく調節することができます。

 

このリクライニングとランバーサポートの一体感で、リクライニングした時の「当たってる感」がとてもいい感じでした。(写真は座るのに夢中で撮れませんでした。。)

 

GENIDIAにはまだまだ機能が沢山詰まっている!

さて、座り心地を中心にお伝えしてきましたが、GENIDIAには多機能オフィスチェアの名前の通り、まだまだ機能が盛りだくさん搭載されています。

news_genidia_06

  • 上下左右前後に動く4Dアームレスト
  • 世界初の操作で調整できるチルト機能
  • 座ったまま直感的にあらゆるパーツを操作できるスマートオペレーション
  • セパレート式のバックシートとランバーサポート
  • 選べるヘッドレスト

 

ザッと分かる範囲で書きましたが、まだまだありそうです。

 

中でも、特に筆者の興味を引いた機能が、

  • 一定時間姿勢が崩れていたら警告音を鳴らして悪い姿勢を防止するアラートを鳴らす

という機能があります。
横文字で言うと「SittingPosture WarningDevice」。なんだかカッコいいですね。

news_genidia_04

座面の下には電池式で動くボックスが設置してあり、この横にON/OFFを切り替えるボタンがあります。このボタンをプッシュすると「ピー」と音が鳴り、悪い姿勢が一定時間続いた場合は警告音を出して知らせてくれるという機能です。

これ、実は世界初の機能なんです。次世代のGENIDIAならではの驚きの機能です。

 

なんと、未発売のGENIDIAを試せる!

こんなGENIDIAの発売がとても待ち遠しくて仕方ありませんが、日本国内ではまだ未発売。これからやってくる夏が過ぎるのを待たなくてはいけません。

 

・・・普通ではそうです。

 

しかし今回!今回はなんと!!

 

PLATFORM(旧OAランド田町店)に展示できることになりました!

12/19追記:エルゴヒューマン専門ショールームのガーデンオフィス日本橋に展示しています。

実物に座れば筆者が書いたことは決して大げさではないとお分かりいただけると思います。

 

まとめ:GENIDIAを購入するならOAランドへ!(宣伝)

今回はエルゴマニアとして、GENIDIAオフィスチェアについてレポートをお届けしました。

OAランドではこのGENIDIAをOAランド各店舗で取扱い、全国でお求めできるようにする予定です。

 

news_genidia_05

ネイル・ウー氏とOAランドグループ代表もがっちり握手を交わし、GENIDIAが広く皆さまに愛されることを願い、OAランドとして販売促進していくことを約束し、GENIDIA製品発表会は終了しました。

 

価格・入荷予定・詳細はまだ今時点では謎のベールに包まれていますが、分かり次第情報をお届けします。ぜひGENIDIAの発売をお楽しみに!

関連記事

WINcaseの実物レビューと感想。在宅テレワークで椅子疲れしたあなたにオススメの椅子です。

皆さん、事件です。 今年、エルゴヒューマン監修のゲーミングチェアが発売されました。 今年20

記事を読む

【エルゴヒューマンの組立方法】タブレットスタンドをつけてみた

最近、PCのみならずスマホやタブレットを片手にお仕事・・・という方、増えてますね!もはや机上だけが仕

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • [soliloquy id="758"]
PAGE TOP ↑